D500のファインダー周りを色々いじってみた

 せっかく高級機の証たる丸窓ファインダーのD500を持っているのだから、ファインダー周りをいじってみたという記録。

 http://www.nikon-image.com/products/accessory/finder/dk-19/
 まずは定番の接眼目当て。見やすくはあるんだけど、眼鏡を接眼目当てに押し付けるか、そもそも眼鏡自体を外さなきゃいけないのでちょっとつらい。

 http://www.nikon-image.com/products/accessory/finder/dk-17m/
 次、マグニファイングアイピース。ファインダーの中身を1.2倍に拡大するアイピース。これをつけるとファインダー内が一部ケラレるとのことだったけど、裸眼でいくぶんには問題ないものの、眼鏡つけると接眼レンズまでの距離が遠くなるのでケラレてしまう。これも眼鏡だとダメか……

 http://www.nikon-image.com/products/accessory/finder/dk-17c/
 ならば接眼補助レンズだ。ファインダー部で視力に応じて補正してくれるレンズ。こいつがあれば裸眼で問題あるまい。……と思ったんだけど、常時眼鏡つけてる人間からすると、ファインダー覗くたびに眼鏡を外すというのは面倒くさい。宗教上の理由でコンタクトを使えない以上、眼鏡者はノーマルのファインダーしか選択肢はないというのか……

 よろしい、ならば戦争だ。

NIKON D500 (82mm, f/5.3, 1/125 sec, ISO2500)

 レンズ跳ね上げ式眼鏡である。180度跳ね上げられる眼鏡ならばカメラ構えてもぶつからないのでは?と試してみたところ見事正解。これならば眼鏡をかけたままでも最小限の動作でファインダーを覗き込むことが出来る。因みにカメラ側としては、ニコン公式で出来るとは言ってない組み合わせだけど、マグニファイングアイピースに接眼目当てをつけて、さらに接眼補助レンズを接眼目当てにねじ込んで使ってます。結構きっちり固定されるので、よほどのことがなければ接眼補助レンズが外れることはなさそう。

NIKON D500 (92mm, f/5.3, 1/160 sec, ISO5000)

 せっかくだから眼鏡のレンズもニコンのにしてみた。

 以上、なんかよく分からない着地点に落ち着いたけど、眼鏡者のファインダーとの戦いの記録でした。因みに丸窓機じゃなくても、バリアングル、チルト液晶でなければアイピースアダプター NEPS1を使えば同じことは出来ます。

最近の買い物

 最近どうにもストレスがマッハなので変なものを衝動買いしている。

NIKON D500 (120mm, f/5.6, 1/160 sec, ISO6400)

 昔の新幹線とか特急とかのアレ。ついカッとなったとしか言いようがない。将来書斎に据え付けようと思う。

NIKON D500 (48mm, f/4.8, 1/80 sec, ISO1800)

 中一光学 FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1。はじめての中華レンズ。

NIKON D500 (66mm, f/5, 1/100 sec, ISO4500)

 上が対物側で、下がマウント側。

NIKON D500 (0mm, f/0, 1/30 sec, ISO400)

 いわゆる顕微鏡マクロ。定番の10円玉を撮ってみたけど、これちゃんと撮ろうとしたらしっかりライティングした上で卓上3脚とスライダーないとダメなのでは…… まあ面白いからよし。

NIKON D500 (31mm, f/4, 1/50 sec, ISO250)

 買っとかなきゃあとで後悔するような気がしたので……

NIKON D500 (62mm, f/5, 1/100 sec, ISO900)

 500ページぐらいあって、禁書VO関連は10数ページぐらいしかないので、悩んでる人は安心して買うといいよ。

 しばらく仕事がやばそうなので、スマホゲー課金は抑えて変なものを買っていきたい。

川本真琴ビッグバンドのライブに行ってきた

 先週の木曜の話ですが、川本真琴のライブに行ってきました。正確には川本真琴ビッグバンド。普段あんまり積極的に「俺は川本真琴が好きです」という機会はありませんが、友人と「川本真琴の○○いいよね…… ××って歌詞の部分に妄想を掻き立てられる……」と語り合ったこともあったり、ヤフオクで川本真琴のポスターを競り落としたら、競り合った相手が前述の友人で「ごん、お前だったのか」な気持ちを味わったり、女友達に「『川本真琴が好き』って男は基本童貞」と言われて何も言い返せずにぐぬぬとなったり、なんか脱線した気もするけど、まあともかく結構好きなんです。川本真琴。

 そんなわけでたまたま川本真琴ビッグバンドのライブ情報が流れてきたので脊髄反射でチケットを取り、仕事を早退して渋谷のライブハウスまで行ってきたのです。渋谷のライブハウスなんていったら自分みたいな人種はアウェー感でショック死しそうなもんですがそこはそれ。この2018年に川本真琴が好きな人間は大体似たようなものなんですよ。入場待機列を眺めてみると、ほぼ黒髪、眼鏡率高し、仕事帰りのスーツ姿の眼鏡リーマンに至っては少なく見積もっても1/5はいる勢い。すごい。川本真琴ファンの誰に命じられたわけでもないこの結束感は頼もしい。

 で、もう最高ですよ。最後に川本真琴の生歌聞いたのって10ン年前のライブ以来なんですけど、全然パワー衰えてないの。しかも「こんなにかわいい44歳がいるか」って突っ込みたくなるほどかわいいの。


 古い曲はそんな歌わないかもなぁとか思っていたけど、開幕「愛の才能」に加え「1/2」、「桜」と贅沢過ぎて肝臓がフォアグラになりそうなセットリストに加え、アンコールのラストが「やきそばパン」で無事天に召されたしめさばさんは、薄れゆく意識の中、今回のライブは川本真琴ビッグバンドお披露目ライブと銘打ってたので、次回は友人誘って行こうと心に誓うのでした。

音楽劇ヨルハVer1.2を観てきた

NIKON D500 (300mm, f/6.3, 1/320 sec, ISO6400)

 Twitter上で公演の情報が流れてきて、「2Bの中の人が二号!?」と脊椎反射でチケット抽選に申し込んだらチケットをご用意されてしまったので観てきました。ニーア オートマタの前日譚にあたるお話の舞台。

 ものすごく身も蓋もない言い方をするんですが、自分が好きな作品が誠意を持って2.5次舞台化されれば満足できないわけがないんですよね。ヨルハの衣装を纏った演者さん方が歌って踊って、スタッフロールに河野万里奈さんとエミ・エヴァンスさんのWeight of the World生歌かぶせられたらそれだけでもう5兆点ですよ。二号がオートマタ本編に地続きになっていく様は震えるし、四号は滲み出るアイドル力が圧倒的だし、二十一号は死ぬほど声が綺麗だし、司令官は立ち居振る舞いがいちいち美しい。それらをSS席という至近距離で観られた事に感謝しかない。

 因みに2月12日夜公演がニコ生で生中継(タイムシフトあり)なので、ニーア オートマタ好きな人はとりあえず2500円払っとけ。なんなら3月までタイムシフト視聴できるから、今から本編プレイして何個かエンディング見てからでも間に合いますよ。

 余談ですが自分の推しヨルハは二十一号です。めっちゃ声が好き……

キングスマン:ゴールデン・サークルを観てきた

NIKON D5300 (30mm, f/4, 1/60 sec, ISO450)

 キングスマンコラボでハンバーガーという時点で大体察したので、コラボバーガー食べた後に観てきました。うん。知ってた。

 前作観て気に入った人であれば1億9140万点ぐらいつける映画だと思う。最高。ただ、原則として完全に前作を見てること前提の作りになっているので、間違っても前作を見てない人がいきなりこれを見るのはお勧めしない。多分230万点ぐらいにしかならないと思うので実にもったいない。まあ物凄く高い打点のドロップキックを放つエルトン・ジョン(本人)だけでも観る価値は12分にあるので、ひとまず前作をネット配信とかで観てティンと来たら劇場へGOだ。

 因みに例のカントリーロードはサントラに「No Time for Emotion」という曲名で収録されているのでみんな買おう。

しめさばさんのマイホーム計画:環境シミュレーションとマイ定礎

 前回までの打ち合わせで大体の間取りが決まったので、今回は家を建てる予定の土地で、周りに立っている建物を考慮に入れての各種環境シミュレーション結果を確認しました。各種、というのは日照、日射、採光、通風の4種類。なんか似たようなのが3つあるけど、どれも明確に意味は異なり、日照は直射日光がどれだけ当たるか、日射は各部屋ごとに入る直射日光による熱量がどれだけになるのか、採光は部屋がどれだけ明るいのか、とのこと。
 日照に関しては、冬にはある程度部屋に直射日光が入り、夏は全く入らないのが理想。日射は高いと部屋が無駄に暖まるので基準値以下が望ましい。採光は部屋の用途によって明るいほうがいい部屋は明るくしたほうがいいし、暗くて問題ない部屋は光が当たらなくてもいいと。なんとなく日照と採光って大体イコールになるイメージを持っていたけれど実際はそんなことはなく、北側だけに窓がある部屋は直射日光は入らないけど部屋が真っ暗なんてことはないことを考えれば、まあ確かにそうだなと。通風はまあそのままで、こことここの窓を開けるとこんな強さで空気が流れますよというのを明示したもの。これらの夏至、冬至、春分、秋分の4パターンの結果を確認した上で、ここはこうした方がいいかもですねー的なやり取りをしてきたわけです。
 例えば日射が基準値を超える部屋があれば窓ガラスは遮熱ガラスを使いましょうとなったり、もうちょっと部屋が明るい方がいい場合はここに窓をつけましょうとなるし、空気の流れが悪い物置があれば日が差す必要はないので換気扇を設置しましょうとなったり、等。こういうのが季節ごとにシミュレーションできるんだからすげーよなぁ……。

 因みに「冗談8割本気2割なんですけど、定礎板て設置できたりします? マイ定礎ってかっこいいなと思いまして……」と聞いたところ「出来ますよ! 過去にそういうお客様もいらっしゃいました。設置するとしたらこのあたりですかね……」とノリノリで検討を始められたので、小さな野望であった「マイ定礎を設置する」は無事達成できそうです。やったぜ。