セーラー服と機関銃 -卒業-を観てきた


 しばらく前に読んだネット上のレビューを読んで以来気になってたので観てきました。噂にたがわぬ橋本環奈無双。

 正直なところ、この映画が手放しで褒められる作品かと言えば、そうではないです。ただ駄作かといえば決してそうではない。嬉しい誤算があった結果、当初思っていたものとは違うものが完成してしまったのではないかと感じた。その誤算というのが、橋本環奈の女優としてのスペックの高さ。多分、この作品は元々アイドル映画として企画されて脚本も作られたと思うんですよ。なのに橋本環奈ががっつり演技出来てしまったが故に、アイドルがかわいい演技を見せるはずだったコメディシーンが他のシーンと比べると異質なものになってしまい、さらに脇役陣もベテラン揃いなので全体的にカチッとした空気になりすぎてしまった。構成している部品が想定よりもハイスペックすぎたが故に完成品がいびつになってしまったっていう、あまり例のないパターンの作品だと思う。

 なので、結論としては「橋本環奈の映画初主演作」というのがこの作品の価値だと思う。今度、無難なイケメンスイーツ映画ばかりではなく、いろんな作品でいろんな演技を見せてくれることに期待したい。最後の歌もうまかったし、橋本環奈って相当ハイスペックですよ。

 どうでもいいけど、「ヤクザの死体を山に埋めるためにシャベルで穴を掘る橋本環奈」って物凄いパワーワードだと思うんですけど、個人的にはそのシーンでこれが脳裏によぎってしまってダメだったことも報告いたします。

http://shimesabadotnet.tumblr.com/post/119255135922

4DXでガルパン観てきた

DSC_4987

 ようやくチケット取れたので行ってきましたガルパン4DX。同じ映画を映画館で複数回観たのって10年単位で久し振りか、もしかしたら初めてじゃないか。

 4DXも初めてだったんだけど、これは映画ってよりもアトラクション。2時間の上映時間の大部分で座席が振動しているので結構疲れる。なので映画そのものを楽しむという意味では圧倒的に立川の極上爆音上映のがストレートに楽しめるように感じた。もちろん4DXがダメだったってわけではなく、普通の映画鑑賞という枠じゃない別枠扱い。一度普通に観た上で、さらにその作品を楽しみたいって場合に4DXは向いてるんじゃないかと思う。

 4DX効果で「おおっ」と思ったのは、冒頭の大洗所属戦車が1台ずつ映されるシーンでそれぞれシートの振動の仕方が違うところ。実際に戦車乗ったことなんかないからその振動が正しい揺れ方なのかはさっぱり分からないけども、戦車によって駆動方式違うんだから乗り心地変わるでしょ?というのを再現しようとしている心意気は伝わってくる。あと、航空機からの視点のシーンではゆっくりと座席が傾くのと同時に風が吹く。これが感覚的にすごい気持ちがいい。30分ぐらい飛行機からの映像をただ流すだけの4DXとかあったらめっちゃヒーリング効果高そうと思うぐらいに気持ちいい。最後に、劇中で雨が降る印象的なシーンではしっかり雨が降る。水量自体は小雨程度なのでびっしょり濡れるわけではないけど、そのシーンがそこそこ長いので体感的には結構濡れる。よく普通の映像作品でもしんみりしたりするシーンになると雨が降ったりするけど、実際に自分が濡れてみるとやっぱりしんみりするもんなんだなと身をもって感じることが出来る。

 もう4DXの上映期間はそう長くはないだろうから、観に行きたいと思っている人はさっさと観に行っとけ。土日にチケット取れなければ休みを取れ。でもまだ素の状態のを見てないならまずは立川(もしくはお近くの音響にこだわりのある劇場)で観てから行け、というところか。ガルパンはいいぞ。

シンフォギアライブ2016(1日目)に行ってきた

DSC_4966

 2012のzeppダイバーシティから思えば、ずいぶん遠くまで来たものだ……

 自分、声優個人のファンになることって実はあまりなくって、数少ない例外のひとつが悠木碧さんなんですね。忘れもしないシンフォギアライブ2012。水樹奈々、高垣彩陽がステージ慣れしたプロの歌声を披露する一方、あおちゃんの自分の喉が潰れてもいいぐらいの勢い、それこそ「絶唱」のように壊れそうで危うさを感じるものの、ともかく熱のある歌声を聞き、自分はファンになったのです。

 そして武道館のステージ上でも、あおちゃんの歌声は相変わらずの絶唱でした。普段の音楽活動では絶対にしないような歌い方。MCでの「歌手ではなくて、降霊術師」という言葉がとても腑に落ちる。観客のボルテージを歌声に変換し、リミッター無しで出力する。それが悠木碧なのだと。俺、この場にいられて本当に良かった。

 ────────────────────────────────────────


 1日目では「続編製作決定」だけの発表だったんだけど、2日目で4期どころか5期の製作決定も発表されたそうで。5期の頃にはアラフォーに差し掛かる当方ではあるけども、引き続き腕が上がらなくなるまで腕を振り、喉から鉄の味がするまで声を出す所存。

 余談。

DSC_4963

 SAKIMORI……

SONY MDR-HW700DS

DSC_4921

 以前「ソニーのバーチャルサラウンドヘッドホンでガルパンをみるとめっちゃ捗る」と聞き、そうか何もスピーカー用意しなくてもサラウンドは体感できるのかと知って以来、欲しいなー、でも今買うお金はないなーという話を嫁さんにしたら、「なにそれ面白そう私が買う」といきなり男気溢れたポチりっぷりを見せ付けられた。どっかのタイミングで増設用ヘッドホンは俺が買います。

 早速ガルパン最終話をみてみたけど、元のソースが2.1chなのに、テレビのスピーカーと比較すると完全に別物。すごい。しばらくこれ使ってゲームやったり円盤みたりして、効果が出やすい作品を探ってみようと思う。

ライト光機 シアストーン AO 4-12×58mm

DSC_4885

 友人がフロンティアの初売りでくじ引いたら当たったけど要らんというので譲ってもらった。実銃用の4-12倍ライフルスコープ。

DSC_4895

 てっぽうと並べてみると分かるけど、死ぬほどでかい。友人が「棍棒」と言ってたのも頷ける。そして実銃用だから最小フォーカス距離が30m。よくよく考えたらサバゲではろくに使えないんじゃねと思わなくもないが、ライト光機製なので光学性能は流石。どうせ近中距離は弾着見て修正することが多いんだから、狙撃用、索敵用と割り切って使ってみようと思う。

東京マルイ AA-12

DSC_4860

 出たら買う出たら買うと言い続けて早幾年。ついに発売されたので買ってきましたマルイのAA-12。本当は昨日のゲームにもって行きたかったんだけど、入荷が間に合わず。

DSC_4866

 開梱。全体的にのっぺりとしたデザインなのでデコレーションが捗りそう。各地で痛AA-12が発生しそうな気がする。自分もイカちゃんのステッカーとか貼りたい。

 ストック内にメカボが入っている関係で、構えてみると重量バランスは結構リアヘビー。ドラムマガジンついたりするとバランス取れるんだろうか。

DSC_4872

 マズルから覗く3本のインナーバレル。フルオートショットガンを作るのであれば、バレルもノズルもシリンダーも3組用意すればいいのだろう?というマルイの心意気を感じる。ゲームで使うのが楽しみである。あとドラムマガジンはよ。

サバゲ行ってきた SPLASH インドアフィールド

DSC_4819DSC_4821
DSC_4831DSC_4837
DSC_4838DSC_4845

 半年振りぐらいにサバゲ行ってきました。以前から何度も利用しているSPLASHのインドアフィールド。30人ぐらいまでなら普通にゲームできるし、高低差や迷路状のバリケードといったインドアならではの要素が揃ってるので楽しいフィールド。しかしこうやって写真でみるとなんかウェイストランド感漂ってるな……。

 運動不足がたたってか、午前中早々に腕がバッキバキになり、午後3時回った頃にはもう走りたくないでござる状態に。運動しよう。あと、自分以外で戦民思想のサラマンダーを使ってる人を始めてみて感動した。「よく邪道だって言われたりするんですけどねー」「でもショットガンでちゃんとゲーム楽しもうとすればどうしても必要ですよねー」とシャッガンユーザーの苦悩を語り合ってきた。

DSC_4857 DSC_4852

 どうでもいいけど以前行ったから飼われていた鴨が増えてた。増やしてどうするんだろう。しばらくしたら昼飯のメニューに鴨南蛮とか追加されなければいいけど。

第7回ボドゲ会

 やっと秋ゲムマで買ってきた御朱印あつめ以外のボドゲを遊べた。

小早川

DSC_4792

 やってみると「小早川」っていうネーミングのセンスがすげぇと思い知らされるゲーム。基本は一番大きな数字を出したプレイヤーが勝つというシンプルなゲームなんだけど、「小早川」と呼ばれる、場に出された一番小さい数字に加算される数字の存在が肝。自分の手札的に小早川を味方につけられるのかつけられないのか、それによってどう動けばいいのかを少ない情報と勘を頼りに判断することになる。1プレイが短くて物凄くシンプルなゲームなのにかなり盛り上がる、ボドゲ会のウォーミングアップに向いてる作品。また、勝っても負けても小早川のせいになるので、全て金吾が悪いとプレイヤーの小早川秀秋へのヘイトがたまっていく様が面白い。

聖剣ガ抜ケナイ

DSC_4793

 地面に埋ったいろんなものを力を合わせて引っこ抜くゲーム。物によっていくつ以上の力で抜けますというのが決められていて、プレイヤーは0から6までの数字のカードを一斉に一枚だけ出す。合計値が決められた数値以上であれば抜けるんだけど、抜いたものを手に入れられるのは一人だけ。抜くのに必要なギリギリの力だった場合は一番少ない力を出したプレイヤーが、オーバーキルした場合は一番大きな力を出したプレイヤーが勝利点を獲得できる。なので今まで自分や他プレイヤーが出したカードを覚えておいて、どのぐらいの力を出してくるのかを想定しつつ、自分の出す力を決めていくことになる。最初、3人プレイなのに必要な力が高いカードを除外せずに始めてしまったので、びっくりするほど剣が抜けなくて爆笑してしまった。多分プレイ可能最大人数の5人でやるのが一番面白そうな気がする。

理想の納豆

DSC_4795

 納豆にトッピングしたりまぜたりして理想の納豆を作るゲーム。最初に配られる「好みカード」にあわせて場の納豆にトッピングを加え、ちょうどいいまぜ具合になったら回収し、回収した納豆のポイントを競う。まぜるカードとトッピングカードはまとめてひとつの山札にするのに裏面の模様が違うので、例えばまぜるカードが欲しいのに模様的にしばらくトッピングが続くのが丸分かりになったりするのがちょっと微妙だったかもしれない。

オン・ザ・フライト・デッキ

DSC_4797

 プレイヤーは空母の甲板作業員となって、艦載機を発進させて米軍航空隊の攻撃から自艦を守る協力型ゲーム。今までやった協力型ゲームはどれも難易度がそれなりに高かったんだけど、これは拍子抜けするほど2戦やって2勝できた。一応空母を守れた場合は、各プレイヤーの勝利点で最終的な勝者が決まるというルールがあるので、もしかしたら空母を守れるのが大前提で、如何に勝利点で勝つのかってゲームなのかもしれない。場合によっては自分が得た勝利点を消費して艦を守ったりするので、他人に勝利点を使わせるだけ使わせて自分は抜け駆けしろってことなのかな。

曼荼羅

DSC_4799

 標準プレイ時間2時間という、今まで遊んできた中では一番の重ゲー。プレイヤーみんなで曼荼羅を作って、自分の色のマーカーで一筆書きできる一番長い経路を得点として毎ターン加算していって、最終的に一番得点を稼いだプレイヤーが勝ち。手持ちのリソースと盤面の状態から、どうすれば自分に有利な状態に持ち込めるのかをずっと考え続ける必要があるのでめっちゃ頭が疲れる。が、脳をぶん回すのも面白いし、その結果自分の筋書き通りにことが運んだりしたらもっと面白い。どうしてもプレイ時間が長めなので気軽には遊べないけど、いろんな人と遊んでみたいゲーム。

 今年も月一ペースでボドゲ会を開きたいなぁ。ひとまず4人集まったらマージャンやってみたい。

立川でガルパン観てきた

DSC_4787

 最近「ガルパンはいいぞ」ってよく言われるじゃないですか。あれ言う人の気持ちがよく分かった。ガルパン劇場版の感想をネタバレやミリオタ語りを除いてしゃべろうとすると、「あのね、せんしゃがね、かっこいいの。それでね、おんなのこがかわいいの」みたいな幼児退行した発言をせざるを得ないんだけど、流石にそれをいい年したおっさんがそのまま口に出すのは憚られるので、なんとかしてひねり出した言葉が「ガルパンはいいぞ」になるんですよ。うん、ガルパンはいいぞ。

 大洗に何度か足を運んだ身としては、序盤の大洗での市街戦がめっさ楽しかった。脳内地図と照らし合わせて「ここの道をこう曲がればここに出るよね」という感じで見ることが出来るので、映画を見て面白かった人は大洗に行ってみてからもう一度見るといいかもしれない。少なくとも自分は面白くて仕方なかった。

 あと立川シネマシティの極上爆音上映、すごい。今まで映画館で重低音が体に響くってことはあったけど、完全に別物。ただ音がでかいだけじゃなく、メリハリがあるというか、一つ一つの音がくっきりと聞こえる感じ。ここしばらく、金と手間かけて映画館に行ってるのに周りの客のせいで楽しめないなんてこともあり、それだったら映画館で見なくていいから円盤買うわという気持ちにだいぶ傾いていたけど、立川の音響であればコストを払う価値は十二分にあると思えた。もう見たい映画が立川で極爆上映してるんなら、近所ではなく立川行ったほうがいいんじゃないかってレベルで。立川のリピーターが多いって理由もよく分かった。

 最後にもう一度。ガルパンはいいぞ。立川のガルパンはいいぞ。